私的リネ小説サイトの雑記帳

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

ゆみさりな

  • Author:ゆみさりな
  • たぶん『リネージュ2』で遊んでます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絵になる場所
 本日の一枚:「まじ天使」


マジ天使

 なにこれまじ天使!(゚∀゚)


 この子、ちょっと破壊力高いです……かわいすぎる!
 リアルで私がリリー状態。この子のために文字集めに行ってるようなもんです。ずっと眺めてられます。


 おまけに、話し掛けたときが、またっ。


ぺこっ…ぴょん!

 お辞儀するし、跳ねるし!(゚∀゚)

 ちょっとまってー。この子、欲しいんですけどー(*・∀・)

 思いあまって、「ぬいぐるみ化してください」と公式に要望を出してしまいました。
 自分で作る? ホラーな物になってもいいなら、そうしますけどねっ。

 たとえ外れの参加賞しかもらえなくても、あまりの可愛さに許してしまいます。
 ていうか、そんなのはどうでもいいから、だっこさせて(*・∀・)

 ほんと、立体化してくれないかなぁ……。






 久しぶりに、「心が躍る狩場」へ行ってきたので、今回はそのお話ー。



続きを読む
スポンサーサイト

久々にサイト更新
 約一年ぶり……


 サイト更新しまシタ━━━━━━(・∀・)━━━━━━!!



 過去作の掲載だけですけどね。


 ついでに、トップにフラッシュも置いてみました。
 これも久しぶり。
 昔のスクショを見てたら、なんか思い付いてしまったので。

 それにしても、動画全盛の現代になってもフラッシュって……どうでしょうかね?(;-∇-)
 動画作るのとか面倒くさすぎて、私には無理ですけどもっ。
 これからもせいぜい小ネタに励みます(・ω・)

 あと、さりげにカウンターも削除しました。なんかサービス終わってたし。





 話は変わって。

 劇場版『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』

 を、鑑賞してきました。


 満足(*´∀`)


 エターナルは格好良かった&強かったし、劇場版オリジナルのドーパントたちも個性的で良かったです。
 特にルナドーパントがっ! いちいち最高でしたw いいですね、あのキャラ(*・∀・)

 そんな彼らと一番絡むアクションも、過去の劇場版ライダーに負けず劣らず(*´∀`)
 ていうか、翔太郎単独の仮面ライダージョーカーが良すぎた。
 ライダーキックにライダーパンチ……熱かったよ(゚∀゚)!!
 かけ声も格好良かったですしね。

 ストーリーは、TVシリーズと比較すると物足りない感じ。
 劇場版だと、どうしても時間が短いですからね……仕方ないのかも。
 個人的には、いいストーリーだとは思いましたけど、感動とかは薄かったです。
 でもフィリップ君の「家族」に対する思いは、TVシリーズのこともあって、胸が熱くなりました(ノД`)エエコヤ

 そんでもって。
 私にとっては「初の3D映画鑑賞」だったのですけど、思っていたよりも3Dになっていてびっくり。
 でも特に3Dでなくても良かったとは思います。
 迫力というか、ワクワクo(゚ー゚o)(o゚ー゚)o感はありましたけどね。

 そして、9月から始まる新ライダー『仮面ライダーオーズ』も登場。
 ライダーの番組スタートが9月になってからは、劇場版での顔見せ登場は恒例になりそうですね。
 オーズを見た感想は……うん。まあ、TVシリーズを楽しみにしておきます(*・・)


 今年も見に行って良かったと思える劇場版でした。
 というかライダー大好きなので、どんなものでも後悔しないんですけど。

 それでは最後に、最近YouTubeで見かけた、仮面ライダーW関連の動画なんかをご紹介(*・∀・)っ





いい感じにダブルのことが解りそうな動画




アクセル格好良い!な動画




何だかとっても合ってしまってる動画








 こういうのが作れたら、きっと楽しいんだろうなぁ(*--)=3




母の日ってことで
 何となく書いてみた「母の日っぽいお話」を掲載。
 いつも通り『こべや』へどうぞ(*・・)っ


 このお話。
 サーバー掲示板に投下しようかと考えて書いてました。
 母の日に合わせてねー。


 でも、よく考えなくても、めっちゃ内輪ネタじゃないか……orz
 今までのお話を知らない人は、まったくさっぱり楽しめないという。
 いや知っていても、フューンとかフレイドとか「誰よ?」くらいの勢いが……

 そんなわけなので、予定を変更して『こべや』に掲載しました。
 サーバー掲示板への不意打ちは、これでしばらくなくなりましたね(*--)


 とりあえず私がシィを書きたかっただけなんですけど。
 考えてる内に、脳内でお姉ちゃん2人がノリノリになってしまいました(*・・)


 お話の背景として

 「フューンと合流後、一年くらい経過」
 「ある時に立ち寄った村か何かで、シィが地元の子供たちと遊んだりして、お母さんとかの存在に憧れるようになった」
 「相変わらず、突発的に死の世界からお迎えと称するテロ集団が襲ってくる」
 「フューン&フレイドのお姉ちゃんズが、シィを猫かわいがり中」
 「フューンさんは、フレイドに甘えたりするダメ姉化が進行中」
 「フューンさんが『妹たちはお嫁にあげない』と豪語してたり駄々こねたり、やっぱりダメ姉化中」
 「アレクシス、たびたび命の危険にさらされる(お姉ちゃんズによって)」

 などがあります(*・・)大変だね

 登場していないだけで、ネスト、シアン、リシャールも、ちゃんと一緒に旅しています。
 今回は他の死霊を迎撃中、って感じで。


 このメンバーにスポットを当てたお話を書くのも面白いかなぁとも思うんですけど、たぶんそうすると、勝手にリネ世界の未来を改竄しちゃうと思うので、やっぱりやめておきますね(*・・)

 フューンのダメ姉っぷりなら、いっぱい書くかもしれません。


 そんな感じの読み切り掲載でした(*・・)ノシ



後編です
 ──と、いうわけで。

『バインとカイナの赤ちゃん誕生』

 後編を掲載しました(*・・)

 勢いだけで書く文章って、怖いですね。

 終わらせ方が解らなかった……っ!

 おかげで締めまでぐだぐだです(*--)
 なんかさらに続きそうな……。

 まあ、大したお話ではないんですけど。


 それにしても、意外と大変でした。
 そりゃあ、私は出産経験なんてあるはずもないわけでして……。
 身内の出産にも立ち会ったことがありませんし。

 全てが想像!

 おまけに現実世界と違って、医学も未発達だと思われる、中世風の世界です。
 何から何まで、予想と想像で書きました。

 必死になって「妊娠」とか「出産」とか「ラマーズ法」とか、ネットで検索しまくりでした(;--)

 近代まで、出産というのはかなり死と隣り合わせの出来事だったそうで。
 その辺りを作中で表現することができるかな?と思ったのですが……できませんでしたね。
 みんながやたらと心配しているのは、そのためだったのですけど(*・・)

 でもまあ。
 リネの世界だと、「魔法」という便利なものがありますので。
 現実の中世よりは、少しはマシなのかもしれません。

 フロウティアが詰めていたのは、そのためでした。
 いざってときは、治癒魔法が飛んできます。

 ちなみにリネ2の設定では、ヒューマンのみが他種族との間に子供を作れます。
 他は、元が同じ種族である「エルフとダークエルフ」という組み合わせのみが、可。
 なのでユーウェインが何やら危惧していたことは、杞憂です。
 ダークエルフとドワーフの間には、奇跡以外では子供はできませんので(・∀・)

 逆に言えば、ヒューマンとの組み合わせであれば、ドワーフ族も子供を作れます。
 男性側がヒューマンだと、かなり犯罪ちっくですね。ていうか犯罪だと思います。見た目的に。

 そこで疑問になるのが、カマエル族ですね。
 ヒューマンが他の種族との間に子供を作れるのは、ヒューマン族が創造された経緯が関係していると思います。
 グランカインが、シーレンやパアグリオらから、それぞれの「濁った精神」とかいうものをもらって作ったからですね。
 つまり、他の四大種族と遺伝的な繋がりがあると。

 でもカマエルは、その創生神話から外れた存在です。
 肉体も精神も独特のものですし。
 なので、カマエルはカマエル同士じゃないと、子供はできないだろうと考えています(*・・)

 ……あ。
 悪魔族との混血は可能かもしれないのか(;´∀`)
 悪魔族に生殖機能があれば、ですけどね。


 まあ、そんなわけで。
 無事にバインとカイナの子供も産まれました。
 なんだかこのシリーズ、とっても双子率が高いような気もしますが……キニシナイ!

 あの子たちの名前は、実は私も考えてません(;´∀`)
 いい感じの名前がありましたら、推薦してください。候補にします。


 読み切り物のネタは、まだまだ沢山ありますので、ざくざく書いていきたいと思います(*・・)
 またご覧くださーい。




書きたかった
 思い付きのお話というのは、終わらせるのが大変だったりしますね。

 なぜかどーしてもっ、カノンが書きたくなったので、ネタ帳から適当なものを引っ張ってきて書いてみました。

「こべや」の方に掲載。
 あー、便利に使えるわ(*・・)


 カノンとライ、という珍しい組み合わせ。
 そこに、今までまともに紹介されていなかった『ラディカルメイト』の猫士コンビを絡めてみました。

 ウォーロックのメロディとヒビキ。
 設定だけは、かなり初期から存在していた二人。
 あのメンバーの中では、プリシラ、エアル、フロウティアに続く、主人公補正(設定外のひきょーな特殊能力)がある人たちです。

 ひとえに私の猫好きのせい(*・・)

 ヒビキの名前は、あの特殊能力からきています。
 音ですね。音。

 メロディの方は、ヒビキとコンビということで、それっぽいのを。

 この二人、ともに大の猫好き(妖精、動物問わず)ですが、その比重はメロディの方が上です。
 お話を読めば分かると思いますが、ちょっとやばいです。メロディさん(*--)

 お互いのことも好きなんですけど、ヒビキが「猫<メロディ」なのに対して、メロディは「ヒビキ<猫」なのですね。
 いざともなれば、ヒビキくんよりも猫を助けますよ。メロディさん(*--)

 そして、そんなでも彼女のために頑張るのが、ヒビキくんですよ。
 猫の代わりに盾にされても、ぐっと我慢。えらいですね。
 たまにメロディの猫たちと張り合ったりしてるらしいですが。


 今回は、色々と小ネタも入れながら書きました。
 ほとんど思い付くままに……だからなんだか、まとまりに欠いた文章になってますね(*--)

 ヒビキとメロディの加入時期で、当時のメンバーとか。
 なくてもいいとこですが。

 個人的には、エアルとアリスのやりとりが大好きです(*・・)
 バカな子ほど可愛い。

 それにしても。
 本来はカノンを書きたかったはずなのに、作中ではすっかり置物状態ですね。
 マスコットというのは、言い得て妙です。

 ちなみにメロディがカノンのことを「ひよこさん」と呼んでいるのは、彼女を「ネコ」として見れば納得できるかと。
 食べちゃいたいくらい可愛いらしいですよ……エアル帰ってきてーっ(;´Д`)

 抱っこするふりして、たまにかじってるかもしれません。もふもふ。

 でも、「猫(動物)たちと一緒に寝ているカノン」という図は、結構いいかも。
 カノンの羽にくるまれたりしてる猫たち。
 可愛いかも。綺麗かも。


 そんなわけで、猫士コンビの紹介的なお話でした。
 やっと日の目を見られたね(ノД`)





 ついでにサイトの方から「こべや」へのリンクを貼りました。
 あっちからもサイトの方へ行けるようにしています。




Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。