FC2ブログ
私的リネ小説サイトの雑記帳

10<<  2018.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

ゆみさりな

  • Author:ゆみさりな
  • たぶん『リネージュ2』で遊んでます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鼻歌にはバリエーションを付けるべき
 本日の一枚:「比較」


7年…だと…?

 ポニーテールじゃなかったもん!(ノД`)


 現在、開催中の文字イベントの参加賞で、1st“ミサリ”を変身させてみました。
 思い出のDグレード装備と銘打ってはくれているものの、私の記憶とは微妙にあちこちが違っていて残念です(´・ω・`)

 画質もなっ。


 というか当時は、ブリ盾とか超レアだったような……ヘルムも。
 昔のカイトシールド、カッコイイよねっ。

 ちなみに籠手と靴もブリガンダインじゃなかったりします。
 この頃のブリガンブーツは、ブーツじゃなくて単なる靴のグラフィックでしたしね。かっこわるい(*・・)
 履いてるのは多分、アサルトブーツとかその辺。籠手は店買いの鎮魂とか何とかいうやつ。

 見た目にこだわれたあの頃が懐かしい……。

「思い出の」と言うなら、せめて装備の選択権くらいは与えて欲しかったなと思う、参加賞でした(´・ω・`)






 今週も無事に、サーバー掲示板へ小説を掲載できました。

 めちゃくちゃ遅れちゃったけども。


『フラワード』第4話の2回目です。


 一番苦労したのは、アンゼリカたちがいるとついついギャグに走りそうになってしまう、私の頭でした(・∀・)

 ぐっと堪えて、涙を呑んで、色々割愛。

 ギャグシーンになると空気化するリンドくんが、愛おしかったです(ノД`)


 そんな苦難を乗り越えつつ、どうにかネリネとリンドのいちゃつきぶりを書き上げました。
 今回の狙いは、ネリネに恋する乙女になってもらうことだったので、彼女目線も比較的、増加しております。

 ちょっとした心の動きとかを重ねていく感じで書いたのですけど、どんなもんでしたかね?
 うまく伝わっているといいのですけど(*・・)

 ネリネは、「彼のそばにいるとドキドキしちゃう……もしかしてこれが恋!?」というようなキャラではないので、そんな感じにはならないよう、気を付けました。
 穏やかに、心の中にすっと入ってきたものを受け入れるような。自然体の芽生え、みたいな感じで書いてみました。
 なんか上手く言葉にできませんけども。


 リンドの変化にも多少触れつつ(*・・)


 顔を真っ赤にして「好きです」というよりは、普段通りに微笑みながら「愛してます」という方が似合う。
 ネリネって、そういうキャラだと思うのです。


 リンドはどう答えるのでしょうねー(・∀・)ニヤニヤ


 アンゼリカたちとは、実はもう少し絡ませる予定でした。
 でも文字数が足りなかったよ(´・ω・`)

 最低限のことはできましたけど、中途半端な形になっているのが気になります……大丈夫かなぁ。

 ちなみにプロット段階では「歌をねだるアンゼリカ」というものがあったのですけど、その後に続く会話がどう聞いてもギャグになるため、没にしました。
『えるふのうた』という謎の歌を高らかに歌うアンゼリカが見られたのですが……残念(*・・)



 さて次回は、少し時間が飛びます。
 ツイッターでも言いましたけど、実は今回の最後に「これが約一年前の出来事」みたいな一文が入っていたのですが、掲示板にコピペする際に抜かりました(´・ω・`)

 一年の間に、二人の関係が進展したりはしていなので、ご安心を。
 ただの修行期間です。リンドはひたすらネリネを鍛えていました。ネリネはひたすら頑張っていました。
 二人の実力差を埋めるための措置なので、ご了承ください(*・・)

 いよいよ物語を動かす段階。
 ネリネとリンドのお話は、ここからが本当の意味での始まりです。

 お楽しみに(*・・)ノ




コメント
懐かしさはきっと人それぞれ
こちらもコメ遅くなりました(^^;)

私の場合はひよこローブなんですけども、色が違っちゃってましてねー。
やっぱり懐かしさを感じることができないです(--;)
そういえば、頭と足はやっぱり店売りの使ってましたねw

どこかにSSが残ってないか探したんですが、HDを2度ほど交換したこともあって、見つかりませんでしたorz


さてさて。
今回も小説の掲載、お疲れ様でした。
萌えを・・・萌えをありがとうございます!(*´ェ`)
今回のリンド兄さんだけで、ご飯3杯はいけそうです。

きっと、多くは語らなくていいのですよ。
さりなさん的には、もっと入れたかったシーンとかあったのでしょうけれど、私はあの雰囲気で十分過ぎるほど萌えて、ほっこりして、癒されて、ニヤニヤできましたから(*´ω`)
ご馳走様でしたノ

あ、そうそう!
先日、アンタラスの討伐に参加したのですが、PTLがシンガーの女性でして。
なんと、ネリネの元になった人物でした。
すごい偶然でびっくりしましたよ。
お会いできて良かった~。

次回は一年後のお話とのことですが、エルフの一年って、きっと私らの1ケ月くらいの感覚なんですよね。
物語がどう動くのか、今から萌え準備全開MAX(謎)にして、楽しみにしています(*ノノ)
[2011/05/25 01:49] URL | キア・マージュ #BNvz.KjM [ 編集 ]

Re: 懐かしさはきっと人それぞれ
私はPC変えるときでも、ほとんどのデータを移動させてますからねー。
小説原稿とネトゲのSSは、特に抜かりなく。


ネリネの目を通してリンドに萌えようというのが、コンセプトですからね(*・∀・)
がっつり萌えて、どっぷり惚れて頂きたい。
まあ、ネリネに感情移入するのは、ちょっと難しいかもしれませんけど。あの子も結構、特殊ですからw

完璧に納得できるものなんて、いつまで経っても作れないとは思うんですけど。
それでもやっぱり書いた後は、あれやこれやと反省したり悩んだりします。
けどまあ、読んでくださる皆さんが楽しんでくださってるのなら、私としては成功です。それが何より一番(*´∀`)


アンタラス討伐成功、おめでとうございますヽ(・∇・)ノ
PTLがネリネの元になった方って……なんという奇縁かw
キャラを参考にしたわけではありませんけど、彼女が放ったひと言が今のお話を生み出していますからねw
リンドのイメージ、キャラクターは、そのひと言から作られましたし。
私的には、ダンサー兄さん萌えの師匠ですな(*・・)

私のお話で縁が生まれたのも、ちょっと嬉しいお話ですね(*´∀`)

[2011/05/25 13:42] URL | ゆみさりな #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumisarina.blog6.fc2.com/tb.php/200-68ce4ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。