私的リネ小説サイトの雑記帳

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

ゆみさりな

  • Author:ゆみさりな
  • たぶん『リネージュ2』で遊んでます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『集結編vol.1』でしたっ
lines00918.jpg

 世界樹がー!?Σ(゚Д゚;)

 なぜか故郷で放置中のゆみさりな。
 ある日ログインしたら、たまたまこの時間だったようで、実装後に初めて噂の霧を見ることができました。


 こういう演出は大好きです。そして大歓迎(*・・)
 仮想世界、そして物語の中で遊んでいるという気分を盛り上げてくれますから。

 不満の声もあるようですけど。
 個人的には、それがちょっと寂しい(´・ω・`)

 まあそれも開発側の責任なんで、仕方ないんですけどね。
 最初からこういう演出をしていれば、プレイヤーももっとリネ2の世界観や物語に興味を持ってくれたでしょうし、演出ありきのゲームなんだと、納得もしてくれていたでしょうし(*・・)

 というか。本来RPGには、こうした演出が不可欠だと思っています。
 プレイヤーがキャラクターとして、その世界の住人であるという気分にしてくれますし、進行している物語の中に自分たちが居るのだという、一種のヒーロー願望を満たしてくれますしね。

 仮想世界なんですから、世界観を伝える事は大事です。

 それがいきなりじゃ、知らない大半のプレイヤーは興味も持てないでしょう(´・ω・`)

 つくづく、残念だなぁ……。


 まあ。
 ネトゲのプレイヤーは、そもそもあんまり世界観とかストーリーとか、気にしてないような気もしますが(・∀・)

 そういうのは、コンシューマーゲームの役割ですかね。


 ……なんかちょっと愚痴っちゃいました。
 だってネトゲ内で、こういう話で盛り上がれる人が少ないんだもん(ノД`)


 それでは、掲示板小説のことを書いていきたいと思います。
 かなりの長文になっていますので、ご覧になる際は覚悟してくださいね(*・・)









 さてさて。
 ゴス鯖掲示板に掲載していた【フラワード:集結編 vol.1】も、どうにかこうにか終わりました。
 相変わらずのグダグダな文章にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございます(o_ _)o

 一応、過去編の第1話という形ですが、第2話以降があるのかないのかは、誰にも分かりません(*・・)

 リリーの視点から始まったお話でしたから、最後もリリーの視点で締めています。
 大した意味はありませんけど、アンゼリカが旅立つ切っ掛けとなったのは、やはりリリーですからね。
 彼女の独白で締めた方がカッコイイかと思いましたっ(゚∀゚)

 アンゼリカの両親登場や、ラナン、ロコらとの出会い……よくもいっぱい詰め込みましたね。

 アンゼリカの両親、ルピナスとエレムは、二人セットでお気に入り。
 実は詳しい設定とか考えてないキャラだったりします。
 単に「迂闊な旦那様を容赦なく弄る奥様」という構図が面白いと思い、アンゼリカの親に据えてみました。

 エレム君は黒歴史もそうですが、わざわざそれを想起させる発言をぽろっとしてしまう辺りが、可愛いと思います(*・・)
 過去が痛すぎるだけとも言いますがw
 その痛い過去の血を、娘のアンゼリカも色濃く受け継いでいるわけですね。時々出てくる中二病的な発言や態度は、お父さんの影響というわけ。
 アンゼがやると可愛いから許せます(・∀・)

 きっと若い頃のエレムは、「俺、カッコイイ!(゚∀゚)」とか思っちゃって色々とやらかしていたと思うんですが、そんなノリがエアルフリードのパパ辺りと合いそうな気がしましたので、お友達という設定にしました。
 結婚後に付き合いがなくなったのは、ルピナスさんに惚れ込んで、構いまくっていたせいだと思います。
 たぶん、エアルパパもその頃にはレアドと結婚していて、やっぱり新婚生活を堪能していたんじゃないかなと。
 お互い、子供が生まれたら、今度はそっちが可愛くなって、どんどん疎遠になっちゃったんじゃないかなぁ……。
 エアル一家は血族も多いですしね(*・・)

 ルピナスは、別に結婚するまで猫を被っていたわけじゃないと思う。
 エレムは、その頃は自分の言動の恥ずかしさに気付いてなかったと思うので、何を言われても痛くなかったんじゃないかな。
 そしてそんなエレムを見て、ルピナスはますます楽しげに弄るという……姿が想像できます(;--)
 アンゼリカの回想からすると、結婚後も暫くは「痛いエレム君」のままだったようですが、段々と現実が見えてきたんじゃないでしょうか。
 むしろルピナスがそういう方向へ矯正していったか。
 そして今のような関係に……いじり倒して遊ぶために、ルピナスさんが矯正したのかもしれませんね(((( ;゚Д゚)))

 ……なんでエレムと結婚しようと思ったんだろう(;´Д`)

 最初は「面白い人」とか思ってたんでしょうかね。
 それが段々「可愛い人」になって、やがて「いぢめがいのある人」に……。
 エレムと出会ってからルピナスさんも目覚めちゃったのかもしれません(;-∇-)

 ちなみに、リリーが唯一敬語を使って話す相手が、この両親ですね。
 エレムを弄るルピナスのSなところに共感しつつ、同時に弄られてるエレムのMなところにも共感しているという……まあ、根っこから変態なリリーさんです(・∀・)

 さらにちなみに、エレムはラナンがお気に入り。娘達の歯止め役として、大きな期待を寄せております。

 他の『フラワード』メンバーで、この両親に会ったことがあるのは、プリムラだけという設定です。
 アンゼリカの転職クエの時ですね。みんな付いていきそうなもんですが、そこはさすがにラナンが止めたんだと思います。
 ぞろぞろと引き連れていくのもあれだし、その間にも依頼は入っていたでしょうしね。


 ラナンやロコとの出会いは、この【フラワード】シリーズを始めるときから構想していた物の一つ。
 コンセプトととして「MMORPGでありそうな出会い方」を意識しました。

 まあ、ちょっと違う感じはありますが……。

 ラナンは「同じ狩場にいる人」
 本当はお互いに狩りをしているシーンにしようかと思ったんですが、真面目な戦闘シーンを入れると、どうしても文字数がきつくなるので……ああいう形に。
 お互いに相手にちょっと興味を持って、話し掛けて……という流れを想像してもらえるといいかと。

 ロコは「よく利用する露店の人」
 リネ2だと、ショット屋さんなんかは、わりと決まった人のところに行ったりすると思います。ていうか私がそうです。
 たまたま中の人がいて「いつもありがとー^^」とか言ってくれたりすると、そこからちょっとお話をして、仲良くなって……ということが、MMOではあると思います。ないとヤダ(*・・)
 ……まあ、自分の経験から、そういう出会いを彼女でやってみたかったと。


 そして、マトリさんです(*・・)
 たぶん【フラワード】で一番登場させたかったキャラ。
 登場させたので、今は違うキャラが一番に昇格中。

「幼女で年寄り口調」
 どっかで見たようなキャラですけど、そんなこと言われたらみんなそうなんですよ!(゚∀゚)
 キモはそこではなく、「なんか隠し要素がいっぱいありそう」なところですね。

 キャラ設定として──
『アンゼリカの保護者役の一人』
『フラワードメンバーを抑えられる人物』
『フラワードたちの信望が厚い』
 というコンセプトを元に作った子です。

 抑え役として、リリーともラナンとも違うタイプを模索した結果、言葉と実力が伴ったキャラが良いだろうと判断しました。
 フラワードメンバーを抑えるのも、腕ずくではなく、言葉で諭す感じ。
 色々な経験をしているから、言葉に重みがある──という事にしておいてください。私の技量不足で、その辺がしっかり演出できてませんけど(*・・)

 アンゼリカの成長を促す役割を持ったキャラでもあります。
 リリーやラナンのようなノリではなく、常に落ち着いた雰囲気でアンゼリカに接する感じの、まさに教師役です。
 見た目、幼女だけどね(゚∀゚)

 その見た目のせいもあって、アンゼリカに抱っこされる姿がよく似合います(*・・)
 知らない人が見たら、貴族のお嬢様が保護者に連れられている感じに見えるかも。種族が違うけど。

 アンゼリカからは、尊敬されつつ、見た目から妹のようにも扱われています。
 今まで自分が保護される立場だったアンゼリカですから、マトリの存在は新鮮で、嬉しいのでしょう(*・・)
 この辺を絡めたお話を、一本、用意してはいます。
 アンゼリカが精神的に成長してもいい頃合いだと判断したら、書いてみたいと思います。

 マトリはレギュラーではありませんけど、重要人物の一人なので、過去とか経歴とかをここでは語りません。
 他のキャラと同様に、これからのお話で少しずつ明かしていきたいと思います。
 出番、めっちゃ少ないような気もしますが(;´Д`)

 一つだけ言えるのは、皆さんお察しの通り、「ただの人間じゃない」ということですね(*・・)


 お話的には、アンゼリカの旅立ちから初ミッションまでを描きましたが、当初はここまで膨らんでませんでした。
 やはり私の「マトリ贔屓」が、こうなってしまった原因でしょう(・∀・)

 クトゥスはいい味付けになりましたね。
 レイドボスのストーリーは、今後も機会を見て、入れていきたいな。
 それぞれ魅力的な背景を持ってますしね。
 問題は、アップデートで減ったり増えたりすることでしょうか……使いたいボスが消えたりしたら凹みます(´・ω・`)

 最後に登場した『風竜の鱗』は、リネ1ネタですね。
 昔のリネ1では、フィールドに『ホワイトドラゴンの鱗』が落ちていたりしました。私は拾ったことがありませんけどね。
 リネ1でリンドビオル実装前の事です。装備の材料として、本体実装前から存在していたんですよ。

 リネ2のリンドビオルは、グレシア大陸でしか見ることができませんけど、その辺はゲームとは違うということで(*・・)
 クトゥスも帰っちゃったしね。

 この鱗を使ってロコが作ったアンゼリカの籠手やらブーツやらは、今でも現役で使われています。
 リンドビオルの魔力がまだ残っているので、相当に頑丈ですよ(*・・)
 一緒に作られた胴体等の鎧は、何度も修繕&製作されてますけどね。
 ゲームデータ的には、『ホワイトドラゴンスケイルガントレット&ブーツ』という感じで、きっと魔法抵抗アップとか風耐性とか付いてるでしょう。アンゼリカにはそもそも魔法が効きませんけど。

 こういう、いかにもファンタジーな装備は、冒険物の王道じゃないかなと。マジックアイテムとか。
 リネ2では、かなりありふれてますけどね。ていうか、装備はどれもマジックアイテムでしょう。あれ。
 希少価値という意味では、ボスアイテムなんかがそれに当たるんでしょうか。
 まあ、そんな王道なアイテムを、今回は出してみたいと、アンゼリカに持たせました。
 今後も何か思い付いたら、他のメンバーに持たせるかもしれません(*・・)


 長々と書いてしまいました……。
 1話分のことをまとめて書くと、どうしてもこうなっちゃいますね(;--)
 次からは、気が向いたときに書くようにしようかな。


 掲示板でも告知しましたけど、次は9月に入ってからの掲載になります。

 本編の第5話。
 リクエストされていた『パヴェルの遺跡クエスト』のお話です。

 この第5話は、かなりの長編になります。
 なので、これまでのように「全○回」という告知はしません。
 かといって、ダラダラと書くつもりもありませんが。

 理想としては、12回。
 でも丹念に書いていくと、その倍以上になりそうな予感。
 今年中に終わるのでしょうかっ。

 フラワード達で描く、初の長編物。
 私自身、かなり気合いが入っていると共に、不安いっぱいです。
 理想どおりに書けたらきっとプロになれるだろうな、というくらいの物を妄想しております(*・∀・)

 考えてみたら、ゲーム内のクエストをストーリー化するのは初めて。
 身の程知らずな挑戦になりそうですが、ちょっとだけ期待してお待ちくださると嬉しいです(o_ _)o


コメント
見えないんじゃー!
というわけで「霧システムに不満がある」うちの一人です(・w・)
いあ、世界観とか演出とかは大好きなんですけども、ゲーム進行の上でストレスが溜まるものは、ずっと続けられると、そのうち嫌になりますよ?
でも、リネ2はストーリー設定とかしっかりしてるから、これからもこの長所を伸ばしていって欲しいです(偉そうですみません(ノд`)


さてさて。
終結編完結、おめでとうございます。
執筆お疲れ様でした。

個人的には、ティーンエイジャー時代のラナンが見られて、心の栄養になりました。
ラナンの手にメモを書いて、みんなでキャッキャウフフしてるシーンなんて、和んだ和んだw

同じ狩場で知り合って・・・という経験は、私にもあります。
混んでる狩場で「こっち半分使わせてもらっていいですか?」ってWISがきたのがきっかけで、毎回狩場を譲り合ったり分け合ったり、村で会うと挨拶したり。
それだけの仲ですけど、見かけるとちょっと嬉しかったなあ(*´ω`)
あ、ユゥザさんともそういうことがありましたよ。
彼女を露店放置で見かけるだけで嬉しくなります。


風竜の鱗が落ちてる、っていうのもいいですね。あの硬い鱗を、どうやって加工したのかが気になりますが。
ダイヤモンドの加工にダイヤモンドを使うように、何か固い工具でも作ったのでしょうか。

マトリに関しては、おっしゃるとおりでw
実は見た瞬間「あの作品のあのキャラによく似てるわー(^^;)」とは思いましたw
でもこっちの方がずっと魅力的b

今はラノベ群雄割拠の時代、あらゆるタイプのキャラが出つくしちゃってる感じで、どこの誰にも全く似てないっていうのは、ありえないんじゃないかと思いますね。


次回からはいよいよクエに沿ったストーリーですね!
実はパヴェルクエってやったことないので、ものすごく楽しみだったりします(゚∀゚)

リネ2のストーリークエってよくできていて、面白いんですよね・・・。
私はルゥンの亡者の森のクエが大好きです。
同盟の人もそのクエがお気に入りで、あのクエで小説書いてくれとか言われたことが(;-▽-)

どうでもいいですが、今年もファンフィクションコンテストに投稿するのを楽しみにしていたのに、開催されないってどういうことだーー(ノд`)

なんか話がそれまくりなので、ここらで逃げておきます・・・ダッシュ!==3



[2011/08/22 21:25] URL | キア・マージュ #BNvz.KjM [ 編集 ]


いつも楽しみに拝見させていただいております。
亡者のクエ、うちもストーリーが楽しみでやってたなあ~。 アクセ欲しさもありましたがw
マトリさんのこれからもたのしみです~。

ところで、ロクシタンの石鹸やら何やらが好きでいつも使っているのですが、先日お店にいったところ、「天使のハーブ アンジェリカ」配合のものがうっていました。ちょっと買っちゃおうかな~
[2011/09/07 09:55] URL | ラキラキ #- [ 編集 ]

Re: 見えないんじゃー!
そういう不満を感じさせることも含めて、演出だと思いますけど。
……まあ所詮は、ろくにゲームにINしてない人間の意見ですね(*・・)

えーと。う~ん、と。
何だか上手く合わせられそうにないので、他のことについては別の機会に。
キャラについては、だいたい記事に書いてあるとおりですし。

遅レスな上に、こんなお返事で、ごめんなさい(o_ _)o
今ちょっと、頭が色んなことでいっぱいいっぱいみたいです。
[2011/09/14 14:06] URL | ゆみさりな #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
書き込みありがとうございます。
お返事が遅くなって、申し訳ありません(o_ _)o

石鹸の中からアンゼリカが頭を覗かせている物体を想像して、一人でむせていたのは内緒です。
天使のハーブ……リリーの「アンジェちゃんマジ天使」は、本当のことだったようですね(*・・)
[2011/09/14 14:10] URL | ゆみさりな #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumisarina.blog6.fc2.com/tb.php/217-772842a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。